HOME > よくあるご質問 > インサルクラックシャット

インサルクラックシャット

インサルクラックシャットって何ですか?

インサルクラックシャットとはコンクリート、モルタルのクラック補修材です。

インサルクラックシャットの用途は?

戸建て住宅の基礎部分や、打ちっ放しの構造物に発生した1mm以下のヘアークラックの補修や、コンクリート面に書かれた落書きを塗りつぶす事に使用出来ます。

何色ですか?

セメント、モルタルにはメーカーによって微妙な色の変化があります。インサルクラックシャットでは、それらの中間色を採用しております。見た目では、コンクリートを打ったばかりの明るいグレーです。

何ミリまでのクラックの幅に使用出来ますか?

1mm以下のいわゆるヘアークラックに使用して下さい。

ヘアークラックを補修する場合何メートル使用出来ますか?

クラックの隙間にもよりますが、最長で約10メートルご使用できます。

06.使い方を教えてください。

クラック補修の場合

  1. インサルクラックボンドをひび割れに沿って垂れない程度に塗布します。
    (ここで塗布量が多いと以下の工程でだれる場合があります)
  2. 次にインサルクラックシャットをひび割れに沿って少し盛り上がる程度にスプレーします。 (缶を振りながら少しずつスプレーして下さい。)
  3. スポンジを使って、吹き付けたインサルクラックシャットをひび割れに埋めるように擦り込み、余分な材料は擦り落とします。
  4. 最後にインサルクラックシャットボンドを埋めた箇所に沿ってサッと塗布します。

床でも使用出来ますか?

対摩耗という面では弱いため、重歩行される床では使用出来ません。

インサルクラックボンドの効果は?

インサルクラックボンドの効果によって接着強度が増し、乾燥期間を短縮します。

スポンジは必要ですか?

スポンジを使って飛散したインサルクラックシャットの粉末をクラックに刷り込む作業が必要です。スポンジでないと駄目という事ではありませんが、弊社での検証で最もきれいに施工できるのがスポンジの粗い面だった為、インサルクラックシャットキットにはスポンジを同梱しております。

施工後、塗料を施工することは可能ですか?

3日〜1週間の養生期間をおいた後、塗料の施工は可能です。

使用期限はありますか?

使用期限はありません。開封後はお早めにご使用下さい。

途中で出なくなったのですが?

一度で吹こうとせず、振りながら何度かに分けて使用して下さい。それでも吹けない場合は、地面で缶底をコンコンと叩いて下さい。

施工後経年変化はありますか?

構造物の動きによって経年変化はあります。環境の変化によってもあります。

施工時の服装は?

セメントの粉末が飛散しますので、ゴーグル・マスク・ヘルメット・軍手を装着し、汚れても良い服装で施工して下さい。

成分は何ですか?

インサルクラックシャットは珪砂微粉末、粉末ポリマー、速硬セメントが主成分です。 ボンドはアクリルエマルジョン系の接着剤です。

クラックの原因は?

コンクリートやモルタルを打説後、乾燥や硬化する際に収縮が起こり細かいひび割れ(ヘアークラック)が入ることがよくあります。これは性質上、ある程度やむを得ない現象と考えられています。また、雨などの水分によって膨張したり、収縮したりを繰り返し、クラックが発生することがあります。

クラックによる悪影響は?

雨水や炭酸ガスなどの有害物質の侵入によって、コンクリートの中性化や、構造物内部の鉄筋が錆びて、大切な建物自体の劣化につながります。 しかし、ヘアークラックのような細かいひび割れは、表面だけで亀裂が下地まで通っていないことがあり、このような場合は早めに処理をする事で、構造自体に悪影響を与えることを防ぐことができます。

なお、クラックが躯体に及ぼす影響の判断は大変難しいので、ひび割れの具合によって本商品で補修するか、コンクリート補修専門業者に依頼するかを適切に判断して下さい。

使用後の保管方法は?

使用後中身が残っている場合は、噴出し口に残ったセメントを除去する為、缶を逆さにして数回スプレーしてから保管して下さい。噴出し口にセメントが残っていると詰まりの原因になります。