HOME > 施工例 > インサルパック

インサルパック

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

気密欠損補修

断熱パネルの継ぎ目はしっかりと気密をとることが大切です。そうすることで断熱材本来の断熱性能を機能させることができます。

おすすめタイプ

  • 充てんタイプ1液 
  • ガンタイプ1液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

窓廻り

サッシ廻りは非常に結露の発生しやすい箇所です。この部分にインサルパックをしっかりと充てんすることで結露の発生を抑制することができます。

おすすめタイプ

  • 充てんタイプ1液
  • ガンタイプ1液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

基礎部分

床下も断熱の重要な箇所です。基礎と躯体の隙間は気密性にとって非常に大きな欠損部になりますのでインサルパックでの充てんが必要です。

おすすめタイプ

  • ガンタイプ1液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

床きしみ

きしみ音が発生する床の部分に穴をあけ、インサルパックを注入する工法です。床をはがす必要がなく工事をすることができます。

おすすめタイプ

  • エアゾルタイプ
  • ガンタイプ1液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

あらゆる箇所の気密補修

ダクト・配管まわり、貫通部等、気密性はあらゆる隙間をふさぐことで向上します。冷暖房効率や換気効率を高め、省エネにもつながります。

おすすめタイプ

  • ガンタイプ1液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

吹付

壁・天井・床など大面積の断熱には2液タイプがおすすめです。高い断熱性能で、温度ストレスのない快適な室内環境を実現します。

おすすめタイプ

  • エアゾルタイプ
  • スタンダードタイプ2液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

壁面結露防止

インサルパックなら内装ボードをはがさず断熱改修も可能です。施工の際は注入量に十分注意してください。

おすすめタイプ

  • エアゾルタイプ
  • スタンダードタイプ2液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak
  • 施工例・insulpak

土木関連

土木作業では、施工時間が短く、迅速な補修作業が求められるため、ポータブルで施工性にすぐれたインサルパックが重宝します。

おすすめタイプ

  • ガンタイプ
  • スタンダードタイプ2液

製品一覧はコチラ

  • 施工例・insulpak

造形

現在、国内外で最も注目を集めるアーティストの一人である名和晃平氏は、インサルパックを使用して多くの作品を発表されています。