HOME > 事業部案内 > レクリエーション > 第4回 インサルパック作品展

第4回 インサルパック作品展

『ABC型フリスビー&アンパンマンこま』

菊池 栄 作

 

1液ウレタンインサルシールのグレー色でフリスビーをいろいろな形で作成してみて飛ばしたところ一番良く飛んだのが円のなかにABCと描いた作品がでした。

 

1液ウレタンGS360で渦上に円を描きその上にインサルシールのグレー色でアンパンマンを描きました。当初フリスビーを作成したのですがあまり飛ばず回してみたら良く回るのでこまにしました。

 

 

『波乗りジョニーの挑戦』

西本 久美 作

 

ビックウェーブに果敢に立ち向かうジョニー!!
なんとサーフボードとジョニーは一繋ぎなんです。こんな歪な形にもなるんですね〜

ジョニーは果たして、上手く波に乗れたのか・・・

 

 

『西田さん』

杉原 徹也 作

 

休日の西田さんです。

『くまモン』

鎗田 耕輔 作

 

九州代表として東京もんには負けられんバイ!
ということで、もはや九州の顔役「くまモン」を作りました。
色の乗りが良くなるようにスキン層を生かす、
つまり、ほぼカット無し、ノーカットです。
マジックという名の日差しを受けて見事に愛くるしいキャラに育ちました。
かわいがってやってください。

『Mドナルドハンバーガー』

清水 巧 作

 

意外にも良い仕上がりでビックリです。

『欲望の象徴』

瀧吞 千暁 作

 

食べたいものと好きなものを思うがままに表現したら、いかついフレンチクルーラーと胃もたれしそうなマカロンになりました。
*食用ではありません。

 

『グリフォン(改)』

澁谷 研司 作

 

上半身が鷹、下半身がライオンの伝説の幻獣・神獣・聖獣。
しかし、キメラとしてイメージしたのは黒豹の体躯に翼のみ。
顔も黒豹のまま。この作品の表面に石こうを塗り、石像の様に仕上げる予定です。
自宅のフィギュアと一緒に並べます。ケルベロスにケンタウロス、ペガサスにヒッポグリフ
自分、聖獣系、萌え…です。あ〜!!部屋中に並べて置きたい!!
現在、私の書斎には部下が作った『モアイ』と『くまモン』も一緒に飾っています。

 

『米利様』

菊地 陽一 作

 

いつもお世話になっております!!
お客様への愛情が滲み出てしまった結果がコレです。
前回の作品の続きを考える暇もなく、今期から担当させていただいている米利様への愛情が作品に反映されてしまいました。約4時間がかりの大作です(笑)
今後とも宜しくお願いします。

 

『世界の絶景〜イースター島編〜』

桑山 貴帆 作

 

今回は皆様をチリの孤島「イースター島」の旅にお連れします。
見渡す限り何もない丘に、悲しげにたたずむ石像群「モアイ」に会うと、その巨大さと謎に息をのみます。

インサルシールを太めの棒状に吐出させ、目のくぼみ・胴体をカットして鼻をつけたらできあがり!
コンクリートに合わせた薄いグレー色は、モアイにもぴったり♪

 

 

『椅子』

堀田 浩平 作

 

ついにこの時が来ました。第4回インサルパック作品展。

振り返れば2年前あの日のことは昨日のように思い出します・・・
初出場となった第2回作品展では入社1年目の私の作品を最優秀作品にしてしまうと
先輩方の立場がなくなるという裏事情もあり最優秀作品とはなりませんでした。

そして臨んだ『2010.10.21 第3回インサルパック作品展』私の中で事件が起きました。

今回は先輩方と平等な立場で試合に臨めると意気込み私の今まで生きてきた中での
心・技・体すべての力を注ぎ込み「スズメバチ」いや、世界に誇る「SUZUMEBACHI」という
最高の作品を引っさげてこの大会に望みました。

「今回はもらった、絶対にもらったぞ!!」確信していました。いやむしろ出社途中の電車内でもなんども口にしていたかもしれません。

しかし・・・

蓋を開けてみると「SPなんとかかんとか」とかいう作品に最優秀作品はもっていかれ、

「SUZUMEBACHI」は「スズメバチ」となりただ普通の作品となってしまいました。

「何がいけないんだ、どうしてなんだ。」それからというもの悩みに悩みました。
来る日も来る日も悩みました。
雨の日も風の日もそして晴れの日でさえも悩んだのです。

どうして私の作品が受け入れてもらえないのか?人の感性はここまで違うものなのか?

もしかして私は人ではないのか?父も母も人であるのに私は人でないのか?

そして、神は私を見放していなかった。気づいたのです。
自分の作品を作るのではなく、相手の求めている作品をつくることに・・・

例えば音楽でも大きく分けると2つに分かれると思います。
自分のやりたい曲を作るか、売れる曲をつくるか。

これを作品に当てはめると今までは前者の考えでした。そして今回は後者売れる作品を作ろうと!!

そして作ったのが「椅子」です。

 

失敗しました。

『THE 布っ団だ!!』

川田 慎祐 作

 

今回は、去年の傑作品を応用しました。
馴染みの針金を骨格ではない形で使用しました。
一言で座布団といっても、発泡ウレタンで吹いて作るだけだと堅くて、
各個人のお尻にフィットしない。イコール長時間使用出来ないという事に着眼しました。

そこで流動性を持たせるため針金を使用しました。
見事に硬質ウレタンに動きを持たせる事が出来ました。
どんなお尻にもフィットする最高傑作だと思います。

 

『秋の味覚で一杯』

富田 佳奈枝 作

 

焼きしいたけと焼きぎんなんでちょいと一杯。大人ですね。画的に地味ですけど。

 

というのもインサルで作ったビールはお客さまが気に入ってお持ち帰りになったのでした!クオリティが高すぎちゃったかな〜

 

『ウルトラマン』

佐藤 佳信 作

 

今回は宇宙の平和を守るウルトラマンにしました。
頭を取ればキーホルダーでも多分いけます!
回数を追うごとに作品のクオリティーが上がっているのが自分でも分かりますね。

『我が家』

稲積 克彦 作

 

家以外の部分の実際に木材を作った物をジオラマにしてみました!

ウレタンで作ってみて、ウレタンの方が木で作るより圧倒的に難しくて悪戦苦闘しながらもなんとか作り上げました。

今後このジオラマに色々足していけるように、実際の家でも色々作っていきたいです!

『モスラ』

吉野 和佳 作

 

赤坂の空を華麗に舞う怪獣・モスラちゃん。
空から事業部員の安全と健康を守ってくれています。
こだわりの羽はウレタンのはがし残しで偶然出来たもの。
透け具合が本物っぽい〜♪

 

『gives you wings』

萩原 佑哉 作

 

ベッテル三連覇おめでとう!ということでレッドブルのロゴをモチーフにして作ってみました。ちなみにこれを作成したのはアブダビGP前ということで予言にも似た作品となりました。一日一回[gives you wings]を拝む。これを
死ぬまで続けると翼が生えます。…ブラックジョークでした。最後に豆知識。運動前にレッドブルを飲むとカフェインの作用により脂肪が燃焼しやすくなるとか。友人談です。私もバスケ前には飲んでます。いつもより高く飛べます。


 

 

『ヤマト』

西田 昂仁  作

 

水で劣化しちゃうけど、今のところ沈んでいません!